インドネシアのジャワ島にあるヒンドゥー教のセウ寺院(700年代後期)やプランバナン寺院群(890年頃)は、上空から見ると曼荼羅(マンダラ)の配置となっている。つまりこの寺院全体も無を表している。

セウ寺院。 

 プランバナン寺院群。