5/23/2021

世界中の社会問題を解決する持続可能な自給自足社会①

 プラウトヴィレッジは資本主義、社会主義に代わる社会制度で、お金が存在しない仕組み。



 戦争、貧困問題、自然破壊、気候変動と世界中でたくさんの社会問題が発生し続けている。一つずつの解決策を考えていると、平和な社会の実現ははるか遠くに思える。しかし、それらの問題の根本原因となっているある一点に気づけば、実は解決策はシンプルであることが見えてくる。


その根本原因とは「お金の仕組み」のことで、あらゆる社会問題の原因は、お金が儲かるかどうか、資金があるかどうかに行き着く。


例えば国と国が争うのも国益を優先してのことで、資源を奪い、それをお金に変える。


政治が腐敗する時も、賄賂(わいろ)など何かしらお金が関係している。

企業は商品を作って利益を得続けなければ存続できないので、原料となる資源の枯渇は止まない。


自然破壊の問題も、破壊を行う企業の社員は一般市民で、お金を得て生活する必要があるので、自然破壊とわかっていても働くことはやめられない。


森林伐採の問題も、個人や企業が自由に土地を購入できてしまい、場合によってはそこの樹木や土地でお金儲けをするため木は切られ続ける。



海の魚などの乱獲と生態系の変化についても、合法違法にかかわらず漁師も魚を取ってお金を稼がなければ生活できないので漁を続けるしかない。


ゴミ問題も、例えばスーパーマーケットで売られる食品を作る企業は、消費者に気に入ってもらってお金を稼ぎ続けなければ経営が続かないので、過剰なビニール包装などで商品の見栄えと安全を強調する。その分、家庭からのゴミの量は増え、焼却しきれないゴミも増え、川や海に捨てられるゴミも増える。


電化製品なども、商品を多めに作っておいて消費者がすぐ購入できる状態にする。客を待たせて利益を逃すよりは良いからだが、それによって捨てられる在庫が増える。


企業の長時間労働の問題も、社員は給料を得て生活を維持しなければならないので、会社から残業を命じられれば従わざるをえなくなる。


所得格差の問題も、そもそもお金を稼ぐことに長けた人とそうでない人がいるので、これを防ぐ手立てはない。それは運動が得意な人と苦手な人がいることと同じ。


また窃盗や麻薬販売者がなくならないのも、それで利益を得て生活費を稼ぐことができるから。路上生活者が世界中に存在するのもお金がないため。


自然災害によって街が破壊された時も復興にはお金が必要となり、その後の地元経済が成り立つのかも検討がいるため復興が遅れる。


世界中の多くの人が解決策を考えてきた。しかし社会問題の数は、減るどころか山積みとなっている。これらの根本的原因は結局のところ、お金で生活を成り立たせている貨幣社会が不完全なため。この部分を変えなければ、問題はいつまでたってもなくならない。


そのために、人間は自分達の生き方を考え直す必要がある。それは、何のために生き、どのようにして暮らしていかなければならないかということ。


②を見る


さらに詳しく学ばれたい方は、下記の本をご覧になってみてください。




0 コメント:

コメントを投稿